しっかり稼げる&休める!自分らしく働ける委託ドライバーNAVI » 徹底検証!2chでよくある委託ドライバーのウワサ » 軽貨物の委託ドライバーよりタクシーの方が稼げる?

軽貨物の委託ドライバーよりタクシーの方が稼げる?

こちらでは、軽貨物の委託ドライバーとの比較対象として、タクシードライバーを取り上げ、それぞれのメリットとデメリットなどを検証していきたいと思います。

軽貨物の委託ドライバーというのは言うまでもなく、基本的には車を運転し、荷物を届けるという仕事になります。それこそ身体が健康で免許証さえあれば、個人事業主として比較的簡単に開業できるのも利点です。

一方、車を運転する職業として、委託ドライバーとタクシードライバーを比較するという方も多いことでしょう。実際、5chでは、委託ドライバーよりもタクシードライバーを目指した方がいいとする口コミも、いくつか見られました。

2ch、5chでの書き込み

1:国道774号線

東京のタクシーの平均年収が420万円くらいで 労働時間は俺たちよりもはるかに少ないからなあ)

2:国道774号線

都内の大手タクシーなら、 月給40万からスタートですよ?

3:名無しさん@引く手あまた

タクシーに乗ったら乗務員から『弊社でタクシー乗務員求人してますからお願いします』と云われたわ 乗客を勧誘するなんてどんだけだよ

4:名無しさん@引く手あまた

タクシーは楽で有名だもんな 手積み手おろしやるくらいならタクシーのほうがいい

5:名無しさん@引く手あまた

バス等の大型車は、休憩・食事がかなり制約されるのが辛いな その辺はタクシーはフリーで、フリー故に堕落しそうでもある

以上参照元:

まとめ

以上の通り、タクシードライバーは委託ドライバーに比べると、仕事の大変さや収入の面でよいとする声が挙がっています。ただしこれは、ことわざで言うところの「隣の芝は青く見える」であり、タクシードライバーにはタクシードライバーなりの大変さや苦労があります。

その筆頭は言うまでもなく、2種免許の取得。当然ながら、取得の時間と費用を捻出しなければなりません。また、タクシードライバーは委託ドライバーに比べ、より広範囲・長距離の運転が求められます。

何より一番の違いは、接客業であり、人の命を預かる仕事であるという点。責任の度合なども、格段に大きくなります。さらには、タクシー強盗や乗客からの暴力被害を受けるリスクなども考えておかなければなりません。それらをよくよく考えた上で、ご自身はどちらに進むべきかを決断すべきです。

しっかり稼げて休める!おすすめの委託ドライバー3選
桃太郎便
想定月収(配送単価)
400,000(200円〜)
月の休み(目安)
8~9

公式サイトを見る

電話で確認する

はこび屋本店
想定月収(配送単価)
300,000(150円〜)
月の休み(目安)
〜4

公式サイトを見る

電話で確認する

グローバルサービス
想定月収(配送単価)
260,000(130円〜)
月の休み(目安)
5〜6

公式サイトを見る

電話で確認する

電話ヒアリングにもとづく調査結果です(2019年8月時点)。
想定月収は、配送単価をもとに、1日100個の荷物を運んだとして、20営業日働いた場合で試算しています。金額表記の税込・税別については、各社にお問合せください。