しっかり稼げる&休める!自分らしく働ける委託ドライバーNAVI » 委託ドライバーの実態に迫る!お仕事調査 » 年齢制限について

年齢制限について

こちらでは、委託ドライバーとして契約を交わす際に気になる、年齢制限について、紐解いて解説していきたいと思います。

【年代別】委託ドライバーの需要まとめ

40代・50代からの委託ドライバー業

率直に申し上げてしまいますと、委託ドライバーとして仕事をはじめるに際して、40代や50代であるならば、年齢を理由に不可とされることは、ほぼありません。それこそ運転免許証を持っていて、やる気があり、体力や健康の面での問題がなければ、学歴や職歴などに関係なく、委託ドライバーへの門戸は広く開かれています。

60歳以降の委託ドライバー業

また、一般的な会社員であれば、60歳ないし65歳で定年を迎えることになりますが、委託ドライバーは繰り返し述べています通り、個人事業主として運送会社と契約を交わしているという方式です。それこそ、一般的な定年を迎える年齢であっても、運送会社から契約の終了を通告されない限りは、仕事を続けることができるのです。

さすがに年齢を重ねて体力や健康的な問題が出てきたといった場合には、運送会社から契約の終了を打診される場合も出てくるでしょうが、そうしたことがない限りは、年齢を理由に、委託ドライバーへの道が閉ざされるということはないのです。この点はぜひ、踏まえておいてください。

【コラム】運送業界の人手不足

そもそものお話として、運送業界というのは全体的に、慢性的な人手不足に悩まされているのが現状です。その理由は、テレビやネットニュースなどでも取り上げられている通り、通販の隆盛です。Amazonや楽天といったネット通販はもとより、いわゆるテレビショッピングなども、ひと昔前に比べ、その数は格段に増えているのはご存知の通りです。つい最近では、業界大手のヤマト運輸が、人手不足を理由にAmazonとの契約関係を縮小せざるをえなかったというニュースもあった位でしたね。

まとめ

以上の通り、運送業界の人手不足はかなりな状況となっており、年齢制限を設けてはいられないというのが現状なのです。繰り返しになりますが、体力や健康などの面に問題がない限りは、年齢に関係なく委託ドライバーの門戸は開かれています。

しっかり稼げて休める!おすすめの委託ドライバー3選
桃太郎便
想定月収(配送単価)
400,000(200円〜)
月の休み(目安)
8~9

公式サイトを見る

電話で確認する

はこび屋本店
想定月収(配送単価)
300,000(150円〜)
月の休み(目安)
〜4

公式サイトを見る

電話で確認する

グローバルサービス
想定月収(配送単価)
260,000(130円〜)
月の休み(目安)
5〜6

公式サイトを見る

電話で確認する

電話ヒアリングにもとづく調査結果です(2019年8月時点)。
想定月収は、配送単価をもとに、1日100個の荷物を運んだとして、20営業日働いた場合で試算しています。金額表記の税込・税別については、各社にお問合せください。