しっかり稼げる&休める!自分らしく働ける委託ドライバーNAVI » 徹底検証!2chでよくある委託ドライバーのウワサ » 仕事がきつい!

仕事がきつい!

こちらでは、軽貨物の業界でウワサになりがちな、委託ドライバーの仕事がきついというウワサについて、その真偽を検証していきたいと思います。

率直に申し上げてしまいますと、軽貨物の宅配を行う委託ドライバーという仕事は、一定レベルの体力が求められる仕事であることは確かです。80歳を超えるようなご高齢の方には適していないと言えるでしょう。

しかし、その一方で、5chの掲示板には、そのきつさをことさら強調しているような書き込みも多くみられます。例えば、以下のようなものがありました。

2ch、5chでの書き込み

1:国道774号線

150個も配りたくないわ 過労死するわ 夜9時過ぎに持って行って怒られた事あるし ライン工みたいに同じ繰り返しで飽きるし 体潰れるわ

2:国道774号線

日給8000円程度なのに この仕事やって1カ月で身長178cm体重75キロから 65キロまで痩せた かなり過酷な仕事だぞ 日給8000円くらいでも疲れる 給料安くても楽だったらいいけど、運送と介護は安給料で滅茶苦茶に疲れる

3:国道774号線

軽貨物ドライバーがコンビニで飯買うのは暢気に店で食ってる時間がないからだぜ 持ち出し150個以上となると正直トイレに行く時間すら惜しい ヤマトの場合は180個超えるときつくなってくるな」

以上参照元:
ログ速/【軽トラ・バン】軽貨物業者スレ(https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/traf/1557484531/)

まとめ

確かに、1日あたり150個の荷物を配送するということだけを見ると、つらい、きつい、と思ってしまうのは無理からぬところです。しかし、そもそも軽貨物ドライバーが担当する配送エリアというのは、会社によっても多少は違いますが、概ね限られたエリア内を集中的に担当する方式です。

また配送するものも、そこまで重量のあるものというわけではありません。手で持てるものが多く、多少重さがあるものでも、台車などを使えば、さほど苦になるものではありません。

100個、150個という数も、実際にはひとつの届け先に複数個という場合も多く、また配送業務に不慣れなうちはさておき、コツや要領などを掴んでいけば、普通にこなせるようになっていきます。ネット上で誇張されているほどには、きつい仕事ではないということを、知っておいてください。

しっかり稼げて休める!おすすめの委託ドライバー3選
桃太郎便
想定月収(配送単価)
400,000(200円〜)
月の休み(目安)
8~9

公式サイトを見る

電話で確認する

はこび屋本店
想定月収(配送単価)
300,000(150円〜)
月の休み(目安)
〜4

公式サイトを見る

電話で確認する

グローバルサービス
想定月収(配送単価)
260,000(130円〜)
月の休み(目安)
5〜6

公式サイトを見る

電話で確認する

電話ヒアリングにもとづく調査結果です(2019年8月時点)。
想定月収は、配送単価をもとに、1日100個の荷物を運んだとして、20営業日働いた場合で試算しています。金額表記の税込・税別については、各社にお問合せください。