しっかり休めて稼げる!おすすめの委託ドライバー5社

積極採用企業各社の配送単価を電話でヒアリング*!回答があった会社から、配送単価が高い5社をピックアップしました。あわせて月間にとれる休みの目安、月収例**もリサーチしています。ぜひ参考にしてください(金額表記の税込・税別については、各社にお問合せください)。

*2019年8月時点の調査結果です。
**配送単価をもとに1日100個の荷物を運んだとして、20営業日働いた場合で試算しています。

配送単価休日/月月収例
桃太郎便
(クイックエース)

公式サイトを見る

電話で確認する

200円〜8〜9日400,000円〜
はこび屋本店

公式サイトを見る

電話で確認する

150円〜〜4日300,000円~
グローバルサービス

公式サイトを見る

電話で確認する

130円〜5〜6日260,000円〜
タウンサービス

公式サイトを見る

電話で確認する

不明*ルート配送1日あたり
12,000円~
4〜8日240,000円〜
佐川急便

公式サイトを見る

電話で確認する

100円〜4〜8日240,000円〜

委託ドライバーが知っておきたい宅配のコツ集

委託ドライバーは、身体が健康で普通自動車の運転免許証さえあれば、年齢や性別、学歴などを問わず、広く門戸が開かれている職業のひとつです。一方で、コツや要領をおさえることで、効率的に稼ぐことも可能!ここでは、委託ドライバーとして働くうえで、効率アップのポイントをまとめました。ぜひチェックしてみてください。

知っておきたい必需品

荷物を個人のお宅、あるいは店舗やオフィスなどに配達するという仕事に欠かせないものと言えば…地図ですね。現在の宅配ドライバーは、ありがたいことに、アナログとデジタル、双方の地図を駆使することができます。

アナログでは、宅配業界の御用達とも言える、住宅地図の活用がポイント。一方で、年々進化を続けているスマートフォンの地図アプリも、賢く有効に活用しましょう。アナログとデジタルを両立させながら、賢く働くためのお役立ち情報をお伝えします。

詳しく見る

地図の画像

よくあるトラブル事例と対策法

委託ドライバーの業務において起こりがちなトラブルというのは、実はドライバーの姿勢や心構えなどをキチンとしておくことで、未然に防げるものがほとんどです。別の言い方をすれば、委託ドライバーがやってしまいがちなトラブルは、気の緩みや慢心、無責任でいい加減な対応によって起こる場合がほとんどです。この点をしっかり心がけて業務にあたるということが、何より重要になってきます。

具体的には、「顧客への不適切な対応」、「荷物の破損や汚損」、「配送ミスや遅延」といった事柄について、その原因と対策をまとめてみました。

詳しく見る

ドライバーの画像

委託ドライバーの実態に迫る!お仕事調査

委託ドライバーというのは、ホントのところどうなのか?「開業に必要なお金」「リースについて」「必要な保険」「確定申告などの税務」「異常が発生するケース」など、様々な方向から、委託ドライバーの実態とはどんなものなのかを、詳しく掘り下げました。

委託ドライバーとはのイメージ画像

委託ドライバーとは

仕事の内容は、小口の荷物を個人宅などに配達するものですが、その業務形態に大きな特色があります。それは、依頼を請け負う運送会社の社員として働くのではなく、個人事業主として業務委託契約を交わして、ある種の自営業として働くという方式である点です。

タイムカードさえ押していれば給料がもらえるということはなく、荷物を配達した個数によって、収入が変わってくるという世界です。他方、社員として会社に入社するわけではないので、人間関係の軋轢に悩まされるといったことはまず無いと言えます。

詳しく見る

開業に必要なお金のイメージ画像

開業に必要なお金

委託ドライバーという職業形態は、個人事業主として運送会社と契約を結び、自営業者として仕事を請け負うというやり方になります。そのため、一定の開業資金が必要となります。

一番大きな出費としては、配送に用いる軽車両の調達費用ですが、契約する運送会社によっては、リースプランが用意されている場合、初期費用0円、あるいは数千円程度の少額で委託ドライバーとして開業できるようになっています。初期費用が用意できないが意欲はある、という場合には、選択肢のひとつと言えるでしょう。

詳しく見る

軽貨物のリースについてのイメージ画像

軽貨物のリースについて

委託ドライバーは、独立した自営業者という形態なので、配送業務に用いる軽貨物車両は、基本的に自前で用意する必要があります。ただし、そうした車両を用意するのは経済的に厳しいという方も決して少なくないはずです。

そうした方でも委託ドライバーの道に進めるよう、一部の運送会社では、軽貨物車両をリースとして提供する措置を行っています。資金的余裕のない方には、まさに渡りに船ですね。ただし、ガソリン代やメンテナンス費用といった諸経費や、保険料などがどうなっているかをしっかりと確認することが重要です。

詳しく見る

必要な保険のイメージ画像

必要な保険

委託ドライバーとしての仕事においては、当然ながら、自賠責保険の加入が必要になります。そして任意保険への加入も、事実上、選択の余地はなく、ほぼ確実に加入が求められます。運送会社との契約の際には、ほぼ間違いなく、保険証書の提示を求められるからです。

さらにもうひとつ、委託ドライバーとして配送業に携わる場合には、貨物保険というものにも加入しておきたいところです。例えば何かのミスによって車両が横転し積荷がダメになってしまったという場合や、配送業務に関連して第三者に怪我を負わせてしまったといった場合に備える保険になります。

詳しく見る

確定申告などの税務のイメージ画像

確定申告などの税務

これまで会社員として働いてきた方が委託ドライバーへ転身するという場合には、確定申告などの税務も自分で行う必要があります。委託契約を結んでいる運送会社が代行してくれるということはありませんので、まずはこの点をしっかりと踏まえておいてください。

その上で、確定申告には大きく分けると、青色申告と白色申告という方式があります。青色申告は節税効果をより大きくできるのが魅力ですが、帳簿づけなどをしっかりと行っておく必要があります。白色申告は、節税効果はあまり望めませんが、手続き自体は比較的容易という感じです。なにはともあれ、委託ドライバーの仕事を開始したら、帳簿つけや領収書の保管といったことをしっかり行っていくことが大切です。

詳しく見る

罰金が発生するケースのイメージ画像

罰金が発生するケース

自動車を運転するドライバーにとって、スピード違反や駐車違反などの罰金は、決して他人事ではありませんね。ちなみに申し上げておきますと、委託ドライバーの業務中にそうした違反をしてしまい罰金が発生したとしても、その罰金を経費として計上することはできません。覚えておいてください。

その上で、委託ドライバー業務を行う上で、もうひとつ行ってはならない行為が、営業ナンバーを取得していない車両で配送業を行ってしまうことです。料金が発生する運送業において、営業ナンバーを取得していない車両を用いることは法律違反となります。ちなみに軽車両の営業ナンバー(黒ナンバー)は1,500円程度で取得することが可能です。なお、自社製品を自社所有の車両で運送するという場合には営業ナンバーを取得する必要はありません。

詳しく見る

年齢制限についてのイメージ画像

年齢制限について

委託ドライバーという仕事に、年齢は関係ありません。運転免許証を所有していて、体力や健康面などに問題がなければ、一般的な企業で定年退職を迎える年齢であっても、存分に活躍できます。

そもそもの話として、近年ますます盛んになっている通販ビジネスの影響もあり、小口の運送業界というのは慢性的な人手不足というのが現状なのです。働く意欲があり、身体的な問題などがない限りは、年齢はもちろん、性別や学歴、職歴などの壁はありません。委託ドライバーへの門戸は広く開かれているのです。

詳しく見る

将来性のイメージ画像

将来性

新聞やニュース番組などでは、日本の少子高齢化とそれに伴う経済の衰退ということが盛んに繰り返されています。そうしたことから、委託ドライバーの将来性に不安をお持ちになる方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、そのような心配は杞憂と言えるでしょう。小口の軽貨物運送に関しては楽天やAmazon、テレビショッピングなどの業界が隆盛を迎えていることもあって、ますます需要は増えていくと推測されています。まさにそうした通販を支える存在として、委託ドライバーは不可欠な存在なのです。

詳しく見る

おすすめの委託ドライバー積極採用企業レポート

委託ドライバーを積極的に採用している運送会社をピックアップし、各社の特徴や口コミ評判などをまとめました。契約先を選ぶ際の参考として、ぜひ役立ててみてください。

赤帽

数ある委託ドライバーの契約運送会社の中でも、古参と言ってよい歴史を誇っており、軽貨物運送のパイオニアと言ってよいでしょう。全国的に拠点があり、勤務エリアを広範囲から選べるというのも強みのひとつになっています。指定の車両購入ほか、リースなどにも対応しています。

「最初の3ヵ月くらいは少し苦労しましたが、定期の仕事をお客様から頂いてからやりくり出来るようになりました。(中略)赤帽に入って毎日楽しく仕事をやっております。お客様に感謝されるこの仕事を、これからも頑張って続けていきたいと思います」

引用元:赤帽公式サイト(https://kanyu.akabou.jp/voice/block/shutoken/)

グローバルサービス

通常の宅配業務はもちろんのこと、スポット・チャーター便会社専属の配送や、単身者向けの引っ越し、さらには家具家電の配送や組み立て設置などの業務も守備範囲としています。また、フルタイムでの勤務だけでなく、空いた時間に臨機応変に仕事を入れるといった働き方にも対応しています。

「今まで会社員をしていた方は、本当に不安でいっぱいだと思います。しかし、仕事の流れを早くつかむ様にして下さい。そこが見えてくれば、どの様に受けとめ、どの様に対処すれば良いかが分かってきます」

引用元:グローバルサービス公式サイト(http://global-kyujin.com/driver/staff9)

軽急便

どちらかというと、宅配業務よりはバイク便の4輪軽貨物版という趣になります。例えば部品や食材などの「緊急配送」や、企業に専属する方式の「ルート配送」や「企業内配送」、さらには新幹線や飛行機を利用し遠方に荷物を届ける「ハンドキャリー」などにも対応しています。

「託児所の経営から転身。結婚して、仕事もプライベートも充実しています。自分でスケジュールが組めるため、プライベートの時間がきちんと確保できるのも軽急便ドライバーの利点です」

引用元:軽急便公式サイト(https://xn--h13a0t3g.net/)

佐川急便

改めてご説明するまでもなく、運送業界の大手として知られています。委託業務においては、個人宅への配達がメイン。加盟金・保証金などは不要となっており、また車両のリースや購入優遇制度なども用意されているとのことです。

「(委託ドライバー初日は)実際に稼働したのは11時から20時頃までで、昼休憩で30分ほど取っています。20時半頃にセンターに戻り、そこからまた不在の荷物の持ち戻り処理、代引きの処理、その他処理方法を教わり、全て終わったのは22時を過ぎていました。配完個数が42個、不在が13件、走行距離が102キロ(朝自宅を出て、夜家に帰ってくるまでの距離)でした」

引用元:「道産子じゅげむの『軽配送』と『副業』で生きていく」(http://www.hukugyou-okane.com/entry/佐川/委託)

スーパーカーゴ

同社はいわゆる宅配業務ではなく、スポット便という1ヶ所で引き取った品物を1ヶ所に納品するスタイル。言わばバイク便の4輪版という感じです。なお、同社との契約にあたっては、指定の車両の購入が必要となっています。

「しばらくはバリバリ頑張って、60過ぎたら週3~4日稼働にセーブして、現在封印中の“鳥の写真を撮る”ゆう趣味に没頭するのがもっかの夢。自分で時間を作れるって、やっぱり仲間がいるスポット便ならでは、スーパーカーゴならでは」

引用元:スーパーカーゴ公式サイト(https://www.supercargo-fbs.com/practice/interview/detail.php?interview=6)

セルート

どちらかと言えば大手のバイク便業者として知られていますが、軽四輪によるカーゴ便ドライバーのサービスも提供しており、印刷物や部品配送、お弁当配達などを手がけています。なお、委託契約には、自前の車両が必要とのこと。

「お客様の『ありがとう』『助かったよ!』はやっぱり嬉しいです。あとは、段どり良く仕事が進んだ時の気持ちよさも爽快です!この仕事は正確に仕事を進めれば、基本的には毎日完結します。家に帰ればプライベートをきちんと保てることが、長く続けられるポイントだと思います」

引用元:セルート公式サイト(http://saiyo.delivalue.com/mig9/recruit/)

タウンサービス

スポット配送(チャーター便)や、担当エリアの個人宅や企業への宅配、決められたルートや決まった時間に荷物を届けるルート配送などを手がけています。また、兼業・副業としての独立開業もOKとしています。

「土曜は自動車部品の配送、日曜は雑貨を京都市内のお店へ配送と自分の要望にぴったりな仕事が見つかりました。どれも朝9時から稼働して夕方17時には終了。荷物も重いものではないですし、夜遅くまで運転しなくて済むので体への負担もありません」

引用元:アントレ「タウンサービス株式会社の先輩レポート(https://entrenet.jp/0000114995/senpai.html)

ドライブワークス

宅配を筆頭に、企業専属便、長距離チャーター便、車を使わない館内配送や台車、倉庫内作業など、様々な内容から希望の案件を選べるようになっているのが特色。各種のサポートや研修なども充実していると訴求されています。

「この会社は時間の融通をきかせてくれるので、自分の都合のよい時に働くことができます。いろいろ話も聞いてくれ、相談に乗ってくれたりとか、サポートしてくれるので働きやすいです」

引用元:ドライブワークス公式サイト(http://driveworks.jp/)

はこび屋本店

定期配送やルート便、チャーター便、宅配、引越しなどを取り扱っており、メインとしているのは首都圏の湾岸エリア。小型軽量の荷物が多いため、女性やご年配の方でも問題なくこなせるとの旨がアピールされています。

「空いた時間だけって思っていましたが本業になっちゃいました(笑)。周りには同じ境遇のドライバーが沢山いますから、悩みの相談や仕事の情報共有などできます。独立すると孤独になりがちな個人事業主ですが安心して働けます」

引用元:はこび屋本店公式サイト(https://hakobiya.co.jp/)

物流時代/株式会社貴順

軽貨物運送のオーダーメイド対応をコンセプトに掲げる「物流時代」をはじめ、リペアサービスの「修復時代」、不要品引取りの「再生時代」、プリザーブドフラワー販売事業「フィサリス」を手がけており、本拠地は東京・恵比寿となっています。

「個人事業主になるのは今回が初めてだったのですが、事前に理解はできていませんでした。当初、不安はありましたが、物流時代さんに面接の時に詳しく説明していただけたの何となくイメージもできましたし、今は不安はありません」

引用元:物流時代公式サイト(http://butsuryu.asia/driver/vol54.html)

桃太郎便(クイックエース)

大きな特色は配送単価が200円以上となっている点。加えて110個/1日以上配達した場合には報酬がアップグレードされるシステムも用意されています。また開業研修に関してもたっぷり時間をかけ、その期間中の一律料金が支払われるようになっています。

「当時まったく社名も聞いたことがなかったのですが、その友人が丸和運輸機関のドライバーとして既に活躍しており、結婚し子供を育て、さらに家も建てていました。それを見て『きっと待遇が良く安定企業なんだ』と感じました」

引用元:クイックエース公式サイト(https://www.quick-ace.jp/case_3)

ヤマト運輸

委託ドライバーの仕事内容は、宅急便やDM便を個人宅や企業へ配達する、小口貨物輸送サービスがメイン。その他にもルート配送や緊急輸送などもあります。開業資金としては車両の他に24万8千円が必要となり、また月額1万8百円のロイヤリティが必要です。

「職場の雰囲気が、以前とは全く変わりました!お客様に喜んでもらえ、やりがいがあるのがドライバー業務です!」

引用元:indeed「ヤマト運輸」(https://jp.indeed.com/cmp/ヤマト運輸/reviews)

ロジクエスト

特定の企業などからの依頼を受けて、専属ドライバーとして配送業務を行なう「定期配送」がメイン。入会金や加盟金、またユニフォームの購入費用などは不要となっており、車両も開業から6カ月は配送用車両を無料貸与という施策が用意されています。

「運転が好きで、いろいろなドライバーをしてきましたが、独立して仕事をしたかった。考えた結果、軽貨物であれば軽トラ1台で始められるのでやってみようと思いました。ロジクエストには独立支援制度があるので、選びました」

引用元:ロジクエスト公式サイト(https://logiquest.co.jp/cargo/interview/satou/)

MIRAIS(旧:FOX)

2008年に創業し、2019年に社名を株式会社MIRAISに変更。いわゆるルート配送をメインとしており、配送品はお弁当やスーパーのお届け便、事務用品など多岐にわたります。午前のみ、午後のみなどの働き方もできるようになっています。

「HPを見て応募したのですが、江東支店・千葉支店と訪問してみて、ドライバーを大事にしてくれる会社カモ?と思い選びました。現在は『カモ』ではなく、自分の直感は正しかったと思っています。

引用元:MIRAIS公式サイト(http://mirais-inc.co.jp/driver/member/c1908/)

阿部マルエクスプレス

本社は神奈川県、営業所が大阪にあり、横浜および大阪エリアをメインとして配送業務に携わっています。企業ルート配送ドライバー、宅配便ドライバー、食品配送ドライバーなどに対応しており、副業や空いた時間のみという働き方もOKとしています。

「阿部マルエクスプレスさんは希望の勤務地や希望報酬に合致するお仕事を多数請け持っているのでドライバーの理想の働き方が実現出来る環境が整えられています。運営での悩み、現場での悩み等の相談も常にサポートして頂いて安心してお仕事が出来ます」

引用元:阿部マルエクスプレス公式サイト(https://abemaruexpress.co.jp/archives/389)

ハコブヨ.com

「ハコブをもっと楽チンに」というスローガンを掲げ、チャーター便、引越業務、発送代行などをローコストで提供するというのがウリ。また配送業には必需品と言える台車の製造・販売も行っています。車両リースも、2つのプランから選択可能。

「毎日とても充実していて楽しいです。運送業界は仕事が大変だと言われていますが、学生時代運動部だった僕からするとそこまで気になりませんでした」

引用元:ハコブヨ.com公式サイト(https://www.hakobuyo.com/driverinterview01.html)

なでしこTOKYO株式会社

その社名が示す通り、女性ドライバーによる配送をメインとして行っている会社になります。配送する品物は生花や高級スーパーの宅配、ホテルへのウエディング用品、仕出し弁当など、女性ならではの細やかさが求められる分野となっています。

「例えば、毎週木曜日はウェディング用品を預かり、ウェディング会場やホテルにお届けしています。ホテルの中に入るので、作業着ではなくスーツで行きますし、ウェディング用品も有名なメーカーさんなので、そのイメージを損なわないようにお引き渡しする時のマナーも重要視されます」

引用元:なでしこTOKYO株式会社公式サイト(https://nadeshiko-tokyo.com/blog/262/)

翔和サービス

神奈川を本拠地に物流や倉庫業などを手がけています。軽貨物運送の部門にて委託ドライバーを募集しており、ルート配送やお中元・お歳暮の配送などがメイン。加盟金・保証金は不要。軽自動車専門店と提携しており、格安購入・リースが特徴です。

「歩合給だったがシステムがきちんとしており、わかりやすい給料体系だった。社長との距離が近く、仕事に関する問題点を直で上げることができた。研修が丁寧で、仕事をきちんと覚えるまでサポートをしてくれた。」

引用元:転職ステーション「株式会社翔和サービス」(https://www.tensyoku-station.jp/company/160405/?kuchikomi_type=good#company_kuchikomiな)

SBS即配便

充実したサポート体制が魅力の企業です。開業前には初任運転者研修のほか、先輩ドライバーとの同乗研修もあるため、未経験者も安心。加盟金・ロイヤリティがかからないほか、ガソリンカードによる経費のサポートも受けることができます。

フェリクシードロジッコ

全国3,000名以上のドライバーと契約している企業です。未経験者には、一からドライバーとしてのノウハウを学べるよう、丁寧な新人研修を実施しています。東京近郊に社宅が完備されているため、心機一転・新しい土地で働いてみたい人にも最適。

uc express

「契約2年以内に年収1,000万」をコンセプトに、ドライバーを支援しています。週払い対応、寮完備&引っ越し祝い金制度、ガソリン立替払い対応など、充実した待遇面に注目。車両のレンタル・リースも可能なため、配送に適した車を持っていなくてもスタート可能です。

ポストサービス

大手ネット通販企業のほか、日本郵政グループの配送業務を中心に請け負う会社です。1回の配達につき180円、日曜祝日は200円と、同業他社に比べて単価が高い点が魅力。さらに、条件を満たせば、平日1日あたり 15,000円の日当保証を受けることができます。

清水運輸

埼玉・東京・神奈川を中心に、宅配ではなく店舗や倉庫などへの配送を行う委託ドライバーを募集しています。主な荷物は食品や雑貨。配送件数は1日1~5件ほどで、週1日からOK。同乗研修もあるため、配送業界未経験者でもスタート可能です。

株式会社HAS

1日あたりの配送個数100~150 個、平均月収は50万円以上と、充実した収入が見込めます。車両の故障や事故といった万が一のトラブルが起きた際には、専門のスタッフが24時間・365日対応してくれるため、リスク管理も万全。普通免許の取得から2年以上経過していれば、年齢性別を問わず応募可能です。

小浜運送サービス

大阪府門真市にある運送会社です。定期便、ルート配送、スポット便、チャーター便と幅広い業務を扱っており、自分に合う働き方を選ぶことができます。また、委託ドライバー契約にあたり、加盟金・会費といった手数料は一切かかりません。新人研修のほか、業務に慣れてからや独立後のドライバーを対象としたフォロー研修もあり。

ロジネットアドバンス

東京・名古屋・大阪を中心に働く委託ドライバーを募集しています。ルート便や宅配便、スポット便などのほかに、引越便や運転代行といった業務もあり。加盟金は不要で、初期費用なしでもスタート可能。車両を持っていない人にはリースも行っています。

ai&ai

東京・千葉に営業所をもつ運送会社です。未経験からスタートしたドライバーが多数活躍中。委託ドライバーは、エリア内の配達(チャーター便・ルート便など)のほか、倉庫作業や集金といった業務も担当します。加盟金・登録料等不要で、資金面での負担なくスタート可能。

吉祥寺総合物流

オフィス配送、宅配、ネットスーパー配送と3種類の業務を取り扱っています。住宅が密集しているエリアでの仕事が多く、効率よく配送して収入を伸ばしやすい点がポイントです。週休1~2日、月収40~55万円程度が目安。将来的にはドライバーから管理職へのステップアップも可能です。

ハウンドジャパン

東京・神奈川・千葉等の関東エリアで委託ドライバーを募集しています。契約ドライバーの53%が月収50万円以上稼いでいるなど、収入面の充実が見込める企業です。副業自由で、同業他社との掛け持ちも可能。また、女性やシニア層のドライバーも多く活躍しています。

日軽

東京・埼玉エリアで働く委託ドライバーを募集しています。業務内容は、企業便、スポット便、ネットスーパー配送など。加盟金・契約更新料等不要、丁寧な指導あり、売上日額保証制度ありで業界未経験者も安心。車両を持っていない人にはリースも行っています。

エアフォルク

大手通販会社と契約しており、軽貨物の配送を基本としているエアフォルク。東京・千葉を基本としているため、都心で働きたい人におすすめです。

センコー エーライン アマノ

初めての配達業務でも研修がしっかりしているので安心です。トレーナーが付き添い運転のコツも教えてもらえます。体力に不安がある場合も相談にのってもらえるのでありがたいです。

ライトリンク

女性ドライバーも急増している宅配業界。ネット通販が当たり前の時代に突入し、独身女性の利用者が増加する中、安心して受け取りができると好評のようです。

四国軽貨物

働きたい日数・時間、収入面に合わせて案件を紹介してもらえます。定期配送は、指定の決まった場所を巡回するお仕事なので安定して働くことができます。

コウショウ物流株式会社

納品先のお客様から「いつもありがとう」という言葉をいただきたときに、やりがいを感じます。毎日、同じお客様に配達することが多いので顔と名前を覚えてもらって、声をかけてもらえると嬉しく感じます。

プログレス・エム有限会社

医薬品のドライバーは、薬局や病院へ片手で持てるくらいの小さな荷物を配送します。体にも負担がなく始められますね。他にも、軽貨物車で建設資材を東京や神奈川に配送する仕事もあります。いろいろ選べるのもいいですね。

株式会社大光商運

荷主の開拓は、すべて株式会社大光商運がおこなってくれます。ドライバーは配達に専念できるので配送レベルの向上に集中することができます。車は自分の空間なので好きな音楽を聴きながら働けるのは嬉しいです。初期投資も少なく気軽にはじめられるのがよかったです。

永井産業グループ

経験がなくても、すぐにはじめることができます。本業があっても、副業として働くこともでき、自分のライフスタイルに合わせて働くことができるのが魅力です。

愛商物流株式会社

完全歩合制のため、自分のやる気も上がります。仕事をやった分だけ収入も上がりやりがいを感じます。自分のスタイルで働け楽しみながら仕事を続けることができます。格安ガソリンカードで経費の節約ができるのは嬉しいです。前払い制度もあり、急な出費の時には助かります。

グリーンドライブ

年齢に関係なく稼げるのがいいです。長く続けることができて70歳以上のドライバーも所属しているようです。車が好きな方、長く働きたい方にはもってこいのお仕事です。集団加入でお得な、任意保険も用意されています。38営業所で全国各地に仕事場あるので、地域を選べるのもいいですね。

KBT-GROUP

独自の教育プログラムがあり、メンタル、マナー、スキルなど、ドライバーに必要なスキルをしっかり身につけることができる体制が整っています。未経験でも安心して業務を開始することができます。グループ会社にメンテナンスの会社を持っているので、車検や車両故障の際も安心できます。

徹底検証!
2chでよくある委託ドライバーのウワサ

2chスレでよくみられる、ネガティブな意見を検証します。
ネット掲示板の2ch――現在は名称が5chに改称――には、委託ドライバーに関しても様々な書き込みがなされています。気になるのは、委託ドライバーや運送業に関して書き込まれている内容は、果たしてどこまでが本当なのでしょうか?

5ch上の書き込みについて、その真偽を検証してみましょう。

委託ドライバーの賃金は、配送単価という荷物ひとつ配送につきいくらというのが定められています。例えば単価200円前後であれば、なかなかに好条件と言え、逆に100円程度やそれ以下なら、ピンハネの可能性が疑われるといった感じになります。

これも契約する運送会社が提示する条件によります。例えば配送単価が200円、1日100個以上の配送を行えるのであれば、月の想定収入は40万円程度になります。もちろんそれ以上の個数をこなせば、それ以上の収入も可能です。

そもそも委託ドライバーというものは、個人事業主として運送会社と契約を交わすのですから、辞めるも辞めないも、本人次第です。強いて言うなら、契約期間までは続けなければならないというような場合は考えられますが、それ以後も、不本意のまま仕事を続けなければならないということはありません。

業界大手のヤマト運輸が委託切りを行ったニュースは業界でも話題になりましたが、これはヤマトの内部事情によるもので、業界全体がそうした流れになっている訳ではありません。むしろ逆で、通信販売ビジネスのかつてない隆盛により、委託ドライバーのニーズは今後も高いと予想されています。

運送業界は全般的慢性的な人手不足のため、求人広告で好条件を提示しておきながら、実際に就職してみたら話が違ったということが往々にしてあります。委託ドライバーの場合は、配送単価、想定月収や取得可能な休日数をチェックしましょう。会社によっては面接に進まないと教えてもらいない場合もあるので要注意です。

委託ドライバーという仕事は一定レベルの体力が必要ではありますが、そこまで過酷ということはありません。担当する配送エリアは概ね限られたエリア内であり、配送するものも、手で持てるものが多く、多少重さがあるものでも、台車などを使えば、さほど苦になるものではありません。

働き方改革で変わる委託ドライバーの労働時間・休みのポイント!

「拘束時間」は1日原則13時間まで

これまでのトラックドライバーなどで当たり前となっていた、長時間労働による疲労や睡眠不足などの解消を目的に、労働時間と休憩時間を合算した「拘束時間」を1日原則13時間までとする制度が確立されました。状況によっては上限16時間まで認められるとされていますが、15時間を超えての拘束は週に2回までとも定められています。

休憩時間は4時間ごとに30分以上

トラックドライバーが連続して運転できるのは最大4時間までとし、4時間走った場合は必ず30分以上の休憩を取らなければならないとされました。ただし、4時間の間に1回10分以上の休憩を分割して取るといったことも可能になっています。

休憩と休息・休日の違いを明確化

これらはつい混同されがちですが、休憩時間とはあくまでも勤務時間内に仕事の手を休めること。休息(休日)とは、仕事から完全に離れ拘束を受けない時間と定義され1日で8時間以上とされます。そしてこの休息より更に長い休みが休日で、休息期間プラス24時間という定義がなされています。