しっかり稼げる&休める!自分らしく働ける委託ドライバーNAVI » 委託ドライバーが知っておきたい宅配のコツ集 » よくあるトラブル事例と対策法

よくあるトラブル事例と対策法

こちらでは、委託ドライバーの業務において起こりがちなトラブル事例を取り上げ、それらについての対策について、ご紹介していきたいと思います。それでは早速、委託ドライバーの世界で起こりがちなトラブルと対処法について、見ていきましょう。

顧客への不適切な対応

トラブルになりがちな不適切な対応として以下のケースが報告されています。

対応のポイント

面倒くささなどを理由に、自分で都合よく勝手な判断をしてしまわない、というのが一番のポイントです。顧客対応でのトラブルを回避するには、報告・連絡・相談を必ずした上で、適切な対応を行うということにつきます。

もし自分がそうされた場合、どういう気持ちになるかを考えることも大事なポイントです。

荷物の破損や汚損

つい気の緩みから、荷物の扱いがぞんざいになってしまい、その結果、破損や汚損を招いてしまうということは起こり得ます。そしてより最悪なのは、破損などミスを隠したまま配達するという行為です。

対応のポイント

今一度心に留めておいて欲しいのは、委託ドライバーとは、依頼者の大切な荷物を着実に届けて料金を頂く仕事です。気配りや丁寧さといったものが、何より大切だということを忘れないでください。

配送ミスや遅延

よくある原因として下記の項目があげられます。

対応のポイント

繰り返しになりますが、委託ドライバーという仕事は、指定された住所に指定された時間に正確に届けるというのが仕事です。なかでも配送先のミスというのはもっての他です。注意や確認をキチンと行いさえすれば、十分に防げることだからです。それを怠ると、発送人、受取人、そして間違えられた人のすべてに迷惑をかけることになるということを肝に銘じておいてください。

また、交通事情などで配送が遅れそうになってしまうということは、ありえることです。そうした場合でも、現在は携帯電話というものがあるのですから、最低限、お詫びの連絡を一本入れておけば、相手の心象も変わってくるはずです。

まとめ

そもそも人間というものに、完璧ということはありません。程度の差はあれ、ミスをしてしまったり、トラブルを起こしてしまうということはありえることです。大切なのは、そうしたことが起きないように、予め気を配っておくこと。そして、もしもそうしたことが起きてしまった場合に、誠意をもって適切な対処を行うということです。

一方、委託ドライバーに限らず、すべての職業について言えることですが、一度失った信用というものは、なかなか取り返せるものではありません。とりわけ委託ドライバーというものは、繰り返し述べています通り、個人事業主として仕事を請け負うもの。トラブルを起こせば、その後の仕事に確実に悪影響を及ぼします。そうしたことを踏まえ、責任ある行動を心がけてください。

しっかり稼げて休める!おすすめの委託ドライバー3選
桃太郎便
想定月収(配送単価)
400,000(200円〜)
月の休み(目安)
8~9

公式サイトを見る

電話で確認する

はこび屋本店
想定月収(配送単価)
300,000(150円〜)
月の休み(目安)
〜4

公式サイトを見る

電話で確認する

グローバルサービス
想定月収(配送単価)
260,000(130円〜)
月の休み(目安)
5〜6

公式サイトを見る

電話で確認する

電話ヒアリングにもとづく調査結果です(2019年8月時点)。
想定月収は、配送単価をもとに、1日100個の荷物を運んだとして、20営業日働いた場合で試算しています。金額表記の税込・税別については、各社にお問合せください。