しっかり稼げる&休める!自分らしく働ける委託ドライバーNAVI » 委託ドライバーの実態に迫る!お仕事調査 » 開業に必要なお金

開業に必要なお金

こちらでは、委託ドライバーとして開業するにあたり、どれ位の資金を用意しなければならないのかについて、情報を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

「委託ドライバーとは」のページでも触れています通り、委託ドライバーは社員として働くのではなく、個人事業主として運送会社と契約を交わして配送業務を請け負うという方式になります。言わば、独立した自営業者として、一国一城の主として仕事を行うということです。

そこで、委託ドライバーとして開業するには、どの程度の資金が必要なのかを解説していきます。

委託ドライバーの開業資金項目

委託ドライバーとして必要な開業資金には、どんなものがあるか見ていきましょう。

登録費用・加盟料

運送会社との委託契約を結ぶ際の登録費用や加盟料。これは会社によって免除していたり、後払い可としていたりする業者も多くあります。もちろん、そうした会社は狙い目です。

車両に関する費用

例えば、既に軽バンなどを自家用車として所有しているのであれば、新たに購入する必要はなく、黄色ナンバーから黒ナンバーに登録変更(費用は数千円程度)するだけで、そのまま業務に用いることができます。

車両をリースしてくれる依頼企業

また、そうした車両を所有していない場合でも、運送会社によっては、車両をリースしてくれる所も多くあります。費用は業者によって異なりますが、月あたり数千円~2万円程度が目安となります。なお、その場合、自動車保険の費用がどうなっているのかもしっかり確認すべきです。これらについては「軽貨物のリースについて」および「必要な保険」のページでより詳しく述べていますので、併せてご覧ください。

まとめ

率直に申し上げてしまいますと、これは委託契約を結ぶ運送会社がどのような条件を設定しているかによって、大きく異なってきます。なかでも、初期費用0円、あるいは数千円程度の少額で委託ドライバーとして開業できるようサポートしてくれる業者もあります。そうした業者を選べば、それこそ、運転免許証さえあれば、委託ドライバーとして開業することは、決してハードルの高いものではありません。

しっかり稼げて休める!おすすめの委託ドライバー3選
桃太郎便
想定月収(配送単価)
400,000(200円〜)
月の休み(目安)
8~9

公式サイトを見る

電話で確認する

はこび屋本店
想定月収(配送単価)
300,000(150円〜)
月の休み(目安)
〜4

公式サイトを見る

電話で確認する

グローバルサービス
想定月収(配送単価)
260,000(130円〜)
月の休み(目安)
5〜6

公式サイトを見る

電話で確認する

電話ヒアリングにもとづく調査結果です(2019年8月時点)。
想定月収は、配送単価をもとに、1日100個の荷物を運んだとして、20営業日働いた場合で試算しています。金額表記の税込・税別については、各社にお問合せください。